FC2ブログ
 

算数教育

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

算数クイズ

算数クイズを考えましょう。

3人の学生が旅館に泊まりました。宿泊費一人1万円で3人分3万円を払いました。

学生ということで、女将は5,000円サービスしてそれを学生に返すことにしました。返しに行った従業員が、良からぬ気をおこし、「2,000円猫ばばしてもばれないだろう。それに5,000円では割り切れないから学生達も困るだろう」と勝手なことを考えて学生達には3,000円だけを返しました。

学生達が支払いが27,000円で済んだと喜んでいるのをみて、ふと、「彼らが払った27,000円と自分の手元にある2,000円を加えると29,000円にしかならない。最初に彼らが払った30,000円のうちの1,000円はどこに消えたのだろうか」と考え、あちこち探したが消えた1,000円はどこにもなかった。


学生が払った、27,000円、彼が猫ばばした2,000円、女将が値引きした5,000円で丁度30,000円になるわけですが、迷路に落ち込んだ思考回路の人はなかなか納得できません。

理解できない本人が納得するには、金額を変えた場合を自分で考えてもらうのが一番良いようです。
女将が4,000円返して従業員が1,000円猫ばばした場合、27,000円と1,000円で2,000円どこへ行ったと考えるのでしょうか、或いは女将が3,001円返させて1円猫ばば(絶対想定できない金額ですが)したなら、2,999円はどこへ行ったと考えるのでしょうか。

極端な数値の場合を考えるというのは、数学的思考において重要です。今回の場合もこの手法が有効になり、正しい推論へ到達することが可能になると思います。
                                                  植村

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。