FC2ブログ
 

算数教育

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分数の大小

六年生の分数の単元の中で、児童が発表した2つの答えを比べるために

17/42と23/35の大小を比較する時がありました。

どちらが大きいか計算せずにわかる方法はないかという先生の問いかけに一人の児童が
17/42は1/2より小さいが23/35は1/2より大きいから23/35の方が大きいと答えました。
これはすばらしい方法ですし、応用の利く方法です。

授業の最後に私は以下の説明を加えました。

1/42 <1/35 であり、

   17<23 である。

小さい数同士を掛けた結果は大きい数同士を掛けた結果より小さいから

 (1/42)×17<(1/35)×23

当たり前に思っていることを使って直ぐにはわからなかったことを説明することにより、その当たり前に思っていることがはっきりと認識でき、それをいろいろな場面で応用できる能力を身につけると思います。

児童が述べた方法やこのような方法で大小関係を常に意識して数を眺めるのは重要なことと思いました。

上の式はもう一つ式を挟んで

 (1/42)×17<<(1/35)×17<(1/35)×23

とした方がもっと分かり易かったかもしれません。

                                           植村

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。