FC2ブログ
 

算数教育

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余りのある割り算

教育実習から帰ってきた学生が参考になる話をしてくれました。

3年生の余りのある割り算の文章題を解かせて皆でディベートさせました。問題は

 ボールが17個あります。このボールをぜんぶバッグに入れます。1つのバッグにはボールが3個入ります。バッグはいくついりますか。

というものです。

 17÷3=5 あまり 2

という答えた児童が多い中で答えは6つと強く主張した子がいたそうです。その子の説明を聞いている内に、皆も答えは6つと考えるようになりました。問題にはいくついりますかと書いてあって、あまりはいくつですかとは書いてないなどいろいろ述べたようです。

あまりの処理が切り捨てになる問と切り上げになる問い、これらを正しく処理するには、日本語の理解力も重要と感じました。

ボールではあまりの処理に注意がさほど向かなかったのかも知れません。

 17人の児童が少年野球の対外試合に応援に行くことになった。保護者の車で出かけるが、荷物も運ぶので、1台の車には児童が3人しか乗れない。全員が応援に行くには何台の車が必要か。

という問であれば、あまりの処理も気になって、6台と正解する児童も増えるのかなと思いました。もっとも、後者の問は正解しても前者は解けないのでは困りますが。
(植村)


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。